個人様向けサービス

保険とは

保険の基本理念は「助け合い」です。
大勢の人から少しずつお金を集めて、一部の困った人のために
集めたお金を役立てる。つまり、保険会社は多くの契約者から
保険料を集めることで、その共有したお金から保険金や給付金を支払えるのです。

自動車保険

安心して車に乗るための2つの保険。「自賠責保険」と
「自動車保険」はドライバーにとってのお守りです。

自動車保険は二つの種類に分けることができます。
まずは強制保険といわれる「自賠責保険」。
文字どおり、加入が義務づけられている保険です。
もう一つが任意保険といわれる「自動車保険」です。

自賠責保険

すべての車(バイクを含む)に加入が必要です。
自賠責保険は、「自動車損害賠償保障法」にもとづいて、原則としてすべての車が加入を義務づけられている強制保険です。
この保険は、自動車の運行によって他人を死傷させた場合に、保険金が支払われます(対物賠償事故や運転者自身のケガなどは対象となりません)。
自賠責保険の保険金支払いの限度額は、被害者1名につき、死亡3,000万円、後遺障害は程度に応じて75万円~4,000万円、傷害は120万円ですが、限度額を超える部分に対しては、自動車保険(任意保険)にて保険金をお支払いします。

自動車保険

任意なので加入は自由です。
でも、「とりあえず自賠責保険に加入しているからいいや!」なんて思ったら大間違いです。
なぜなら、自賠責保険がカバーする補償の範囲は狭いからです。もちろん自賠責保険でも、他人を事故で死亡させた場合や、ケガを負わせた場合には保険金が支払われます。しかし、その額は限られているため、多くを期待はできません。
交通事故で相手が亡くなってしまった場合に、自賠責保険の補償額を超える金額を損害賠償で請求されるケース、自分の過失で高級車に追突した場合やガードレールに突っ込んでしまった場合の運転者のケガ等、自賠責保険では保険金が支払われないケースが多くあります。
こんなときに助けてくれるのが自動車保険です。
自動車保険は大きく分けて4つの種類に分類することができます。

  • 1人に対する賠償責任を補償する「対人賠償保険
  • 2物に対する賠償責任を補償する「対物賠償保険
  • 3ご契約のお車に搭乗中の方の自動車事故によるケガを補償する「人身傷害保険
  • 4ご契約のお車の損害を補償する「車両保険

これらの自動車保険の補償項目を組み合わせることで、万が一に備えた「より補償の厚い保険内容」にすることができます。

医療保険

急な病気やケガで生活が苦しくならないために。
自分に合った医療保険探しも大切な予防対策です。

医療保険は、入院や手術などによる家計への負担をカバーする保険のことです。入院給付金や手術給付金を受け取ることができる他、通院保障や死亡保険金がついた商品など、様々な種類があります。

民間の医療保険は「第三分野」と呼ばれる保険で、生命保険会社でも損害保険会社でも販売されています。医療保険の保障期間のタイプは、期間を定めた定期型と一生涯保障が続く終身型に分けられます。
定期型は加入当初の保険料が割安ですが、更新時には年齢に応じて保険料が上がっていくのが一般的です。

一方、「終身型は定期型に比べ割高」というイメージがありますが、死亡保険金や解約返戻金の設定金額を抑えたり、一回の入院限度日数を短くしたりすることで、保険料を割安にしたタイプもあります。

他に「生活習慣病」を重視した医療保険もあり、がんなど三大成人病にも対応できる商品や女性特有の病気に対応した商品もあります。

老後のための保険

ゆとりある老後を送るための保険選び。
長生きを楽しむための大切な準備です。

日本は、いわずと知れた世界有数の長寿国。皆様が長生きする可能性は十分にあります。ところが、日本人の多くは会社員で60歳~65歳ぐらいで定年退職となる方が多く、「老後の生活」は男性で20年程、女性で25年程になります。20~25年、あるいはそれ以上続く老後。その収入源は主に貯蓄や、国民年金・厚生年金(共済年金)といった公的年金などになります。

長生きすればするほど、必要な生活資金は増大し続けます。
公的年金や貯蓄で、ゆとりある老後の生活資金を準備できそうですか?足りなければ、保険で準備するのも一つの方法です。

子供のための保険<傷害保険・学費保険、等>

子供の未来のために安心できる保険を。
貯金感覚で、万が一のための補償も充実しています。

学資保険はお子様の成長に合わせて養育に必要な資金を準備するための保険です。
ご契約者様に万が一のことがあった場合は以後の保険料のお支払いは不要になりその上で成長祝金を予定どおりお受けとりいただけます。
また、子供の医療保険が一緒になったプランなどもあります。
傷害保険は被保険者の範囲を家族タイプにすることで、ご家族全員の日常生活における様々なケガを補償します。
持ち物の盗難や破損による損害の補償もあるので、育ち盛りのお子様がいるご家庭におすすめです。

生命保険

様々なリスクに怯えることなく毎日を過ごすために。
死亡、医療、長生きなどによる経済的負担に備えましょう。

私たちの身のまわりには、死亡、病気、ケガ、失業、賠償責任と、ちょっと考えただけでも様々な「リスク」が存在します。だからといって、リスクを恐れてばかりいては味気ない人生になってしまいます。

そこで身のまわりのリスクをできるだけ回避する(=リスクコントロール)と共に、リスクに直面した際の経済的損失に備えること(=リスクファイナンス)が大切になってきます。この2つを合わせて「リスクマネジメント」といいますが、保険はこのうちリスクファイナンスの代表的な手段です。その中でも生命保険は、死亡、医療、長生きなどによる経済的損失(負担)に備えるものです。

住まいの保険

大切な住まいには、火災保険を契約し、
火災などの災害に備えることが重要です。

火災によって生じる損害の補償を目的とする保険です。火災以外にも、落雷、台風、雪、車両の衝突などによる損害や盗難に対しても補償される商品もあります(契約内容によります)。そのため、火災保険は「火災に限定した保険」と言うよりは「家にかける損害保険全般」としての役割を持っています。

ただ単に「入っていれば安心」ではなく、「どんな保険に入っているのか、補償内容はどこまでか」というところを考える必要があります。火災保険と一口に言っても、その契約によってカバーしている範囲・内容は大きく異なるからです。

なお、火災保険は「地震を原因とする火災による損害」や「地震により延焼・拡大した損害」については補償されません。地震被害のためには地震保険に加入しておく必要があります。

このホームページは概要を説明したものです。
ご契約にあたっては必ず「重要事項説明書」をご覧ください。
ご不明点がございましたら、株式会社日本総合保険にお問い合わせください。

個人のお客様へ

日々幸せに暮らすことへの備え!生命・損害保険の重要性

詳細はこちら

法人のお客様へ

長年の信頼と実績!法人様向け保険案内

詳細はこちら

保険サービス一覧

  • 生命保険
  • 自動車保険
  • 医療保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 企業保険

日本総合保険がお取扱いしている保険を一覧でご紹介します。保険に関してのご相談はお気軽にお問い合わせください。

詳細はこちら

  • 個人情報保護方針
  • 推奨方針(販売方針) 募集人の権限について
  • 推奨方針(販売方針) 募集人の権限について
  • 反社会的勢力対応に関する基本方針
PAGE TOP